Home
テクノロジー
最近よく聞くIaaS、PaaS、SaaSとは??

最近よく聞くIaaS、PaaS、SaaSとは??

公開日
2020.12.13
更新日
2021.11.20
最近よく聞くIaaS、PaaS、SaaSとは??

どうも!かけちまるです!

今回は、最近よく聞くSaaSとPaaS、IaaSについて説明したいと思います!

簡単に言うと、

  • ・SaaSは提供されたサービスをそのまま使う。
  • ・PaaSはサービスの開発に必要な環境を提供している。
  • ・IaaSはPaaSの特徴に加え、データベースやOSといったプラットフォームまで提供されます。

SaaS(Software as a Service)

SaaSとは?

SaaSはSoftware as a Serviceの略で、サースまたはサーズと呼びます。
ベンダーが提供するクラウドサーバーにあるソフトウェアを、インターネット経由でユーザーが利用できるサービスです。

SaaSの代表例
・Microsoft Office 365のオフィスソフト
・GmailなどのWebメール
・Dropboxなどのオンラインストレージサービス
・メルカリなどのフリマアプリ

SaaSの特徴

1. インターネット環境があればどこからでもアクセスできる

ソフトウェアは利用者ごとに提供されているため、職場、自宅、外出先とどこにいてもアクセスが可能です。
またデバイスが違ってもアカウントが同じであれば、同じサービスを利用することができます。
そのことからリモートワークという働き方が増えてきた今よく耳にする言葉になったのではないでしょうか。

2. 複数人での共有、編集、管理ができる

ドキュメント機能、ストレージ機能が搭載されているSaaSであれば、複数人でファイルを共有したり、複数人で同時にファイルの編集、管理ができます。
タスクの管理、プロジェクトの管理に使われるGoogleカレンダーやTrelloなどが例になります。

SaaSのメリット

1. ソフトウェアの開発不要で、導入コストが低い

SaaSはクラウドサーバーのソフトウェアを利用するため、ソフトウェアの開発は必要ありません。
ソフトウェアの開発費用の削減、導入への準備期間を短縮できるため導入コストを大きく下げることができます。
また企業で使用している場合などは、従業員の増減があります。
そんな時SaaSで提供されているされているサービスであれば、アカウントの増減で柔軟に対応できます。
買い切りのパッケージ型のソフトウェアよりもコストの無駄を省くことができます。

2. ユーザ側の管理が不要で、維持コストが低い

自社開発やパッケージ型のソフトウェアの場合バージョンアップやメンテナンスを全て自身で行う必要があります。
SaaSでは、バージョンアップやメンテナンスをベンダー側で行うためソフトウェアの管理がかかりません。
よって維持コストの削減となります。

SaaSのデメリット

1. カスタマイズ自由度が低い

ソフトウェアを提供しているのがベンダーである以上ソフトウェアのカスタマイズには制限があります。
自社の業務形態にあったサビースが見つからない場合は、他の方法を考えるか妥協点を見つける、そのサービスに合わせて業務形態を変えるなどを考えなければいけません。

PaaS(Platform as a Service)

PaaSとは?

PaaSはPlatform as a Serviceの略で、パースと呼びます。
アプリケーションの実行に必要なプラットフォームであるネットワークやサーバー、OSやミドルウェアなどをインターネットを経由して利用できるサービスです。

PaaSの代表例

・AWS(Amazon Web Service)
・GCP(Google Cloud Platform)

PaaSのメリット、デメリット

メリット

・開発環境の整備をする手間が省ける。

デメリット

・開発言語やデータベースなどはペンダーが提供しているものに限られてします。

IaaS(Infrastructure as a Service)

IaaSとは?

IaaSはInfrastructure as a Serviceの略で、イアースまたはアイアースと呼びます。
ソフトウェアの稼働に必要な仮想サーバーやファイアウォールなどのインフラをインターネット上のサービスとして提供する携帯を指します。
SaaSやPaaSパースに比べると自由度が高く,ハードウェアのスペックやOSを好きなように選択できます。
そのため、OSやネットワークセキュリティの知識が必要になってきます。

IaaSの代表例
・Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)
・GCE(Google Compute Engine)

IaaSのメリット、デメリット

メリット

・ネットワークやサーバーなどのインフラの運用を安価でベンダーに任せることができる。

メリット

・インフラの設計、構築はユーザー側で行うためインフラの知識を持った技術者が必要になります。

おわり

かけちまる
かけちまる
Webエンジニアをしています。
HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHPができます。
WEB制作を中心に日々学びになったこと、興味が沸いたことについて初心者の方でもわかりやすいようにアウトプットしていくブログです。

関連記事

AWSでサイトをSSL化しよう!!

AWSでサイトをSSL化しよう!!

【Cookieとは?】米GoogleがサードパーティCookieの廃止を延期

【Cookieとは?】米GoogleがサードパーティCookieの廃止を延期

【将来ワクワク】イーサリアムについて知ってみる

【将来ワクワク】イーサリアムについて知ってみる

【Google Maps API】Googleマップ埋め込みのピンを変更する

【Google Maps API】Googleマップ埋め込みのピンを変更する

【初心者必読】ブロックチェーンの基本知識

【初心者必読】ブロックチェーンの基本知識