Home
フロントエンド
Linuxパーミッションの変更方法

Linuxパーミッションの変更方法

公開日
2021.01.11
更新日
2022.04.02
Linuxパーミッションの変更方法

どうも!かけちまるです!
AWSでWordPressを構築し、プラグインをインストールしようとした時に「ファイルをコピーできませんでした。」とエラーが出てしまいプラグインをダウンロードできないことがあったので解決策をまとめました。

【結論】

WordPressのプラグインが格納されるpluginsファイルのパーミッションを変更することで解決することができました。

コマンドを使います。

コマンド
コピー
①EC2サーバーにSSHでログイン ssh -i ~/Desktop/{pemファイルがあるパスを指定} ec2-user@{EC2サーバーのIPアドレス} ②cdコマンドでパーミッションを変更したいディレクトリへ移動 cd /var/www/html/wp-content/ ③パーミションの変更 chmod 705 plugins

これで解決できますので詳細を解説していきます。

パーミッションとは?

パーミッションとは?

英語でpermissionこれを和訳すると「許可・権限」という意味になります。
つまりファイルのアクセス権限ということです。
誰にどんな権限が与えられているかの設定がパーミッションになります。

具体的には、「所有者」、「グループ」、「その他」のユーザーそれぞれに「読み込み」、「書き込み」、「実行」の権限パラメーターを設定するイメージです。

パーミッションはセキュリティのために存在している

パーミッションはセキュリティのために存在しています。

「所有者」はファイルに対して書き込みは許可し、「グループ」、「その他」には書き込みを許可しなかった場合、所有者以外はファイルの中身を変更できません。

といったようにパーミッションを調節する事で、必要な人しかファイルに触れないようにする事でセキュリティを高めることができます。

パーミッションの見方

パーミッションは下画像のように「drwxrwxr-x」のように表示されます。
このアルファベットの羅列を人間がわかりやすいように「755」などの数字で表すこともあります。
設定する際は数字で設定します。

パーミッション確認

パーミッションの見方(画像)

パーミッションの見方

アルファベット表示の詳細

・r:読み込み権限 ファイルを開く際に必要な権限
・w:書き込み権限 ファイルを編集する際の権限
・x:実行権限 ファイルに実行権限を与えることができる。ディレクトリは実行権限を与えないと開くことができない。
・d:ディレクトリの場合最初に記載される
・-:権限を指定していない

パーミッションの確認方法

パーミッションを確認する方法は2つあります。
1つ目はコマンドを打って確認する方法です。
2つ目はFFFTPやFileZillaなどのFTPツールで確認する方法。

コマンドを打って確認

cdコマンドでパーミッションを確認したいファイルまたはディレクトリへ移動します。

コマンド
コピー
#コマンド cd {ディレクトリまたはファイルまでのパス} #具体例 cd /var/www/html/wp-content/

lsコマンドにオプションlでパーミッション確認

コマンド
コピー
#コマンド ls -l {ファイルまたはディレクトリ名} #具体例 ls -l wp-content

FTPツールで確認(FileZilla)

こちらの確認方法はFTPツールでサーバにログインしてパーミッションの部分を確認するだけです。

FTPツールでパーミッション確認

パーミッションの変更方法

パーミッションの変更方法も2つあります。
1つ目はコマンドを打って確認する方法です。
2つ目はFFFTPやFileZillaなどのFTPツールで確認する方法。

コマンドで変更

cdコマンドでパーミッションを変更したいファイルまたはディレクトリへ移動します。

コマンド
コピー
#コマンド cd {ディレクトリまたはファイルまでのパス} #具体例 cd /var/www/html/wp-content/

chmodコマンドでパーミッションを変更します。

コマンド
コピー
#コマンド chmod {パーミッション数字表記} {ファイルまたはディレクトリ名} #具体例 chown 755 wp-content

FTPツールで変更(FileZilla)

パーミッションを変更したいファイルまたはディレクトリを右クリックして「パーミッションを変更」をクリックします。
下画像のように数字か書くユーザーに対する権限にチェックを入れて設定します。

FTPツールでパーミッション変更  

今回のエラーの解決

最初に書いていたAWSでWordPressを構築し、プラグインをインストールしようとした時に「ファイルをコピーできませんでした。」とエラーが出てしまいプラグインをダウンロードできないことがあったので解決策を最後に書いていきます。

EC2サーバーにSSHでログイン

コマンド
コピー
ssh -i ~/Desktop/{pemファイルがあるパスを指定} ec2-user@{EC2サーバーのIPアドレス}

cdコマンドでパーミッションを変更したいディレクトリへ移動

コマンド
コピー
cd /var/www/html/wp-content/

パーミションの変更

コマンド
コピー
chmod 775 plugins

おわり

かけちまる
かけちまる
Webエンジニアをしています。
HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHPができます。
WEB制作を中心に日々学びになったこと、興味が沸いたことについて初心者の方でもわかりやすいようにアウトプットしていくブログです。

関連記事

react-scrollでページ内スクロールが効かない時と複数ページの対応

react-scrollでページ内スクロールが効かない時と複数ページの対応

記事の目次にカレント表示機能を導入する😤

記事の目次にカレント表示機能を導入する😤

画像形式をWebPに変換するツール6選

画像形式をWebPに変換するツール6選

【Three.js】カメラの距離を調節してWebGL座標をwindow座標(px)に合わせる

【Three.js】カメラの距離を調節してWebGL座標をwindow座標(px)に合わせる

【初心者向け】CodePenの使い方からサイト埋め込み方法

【初心者向け】CodePenの使い方からサイト埋め込み方法

【基本編】JavaScriptのマウスイベントでドラッグ&ドロップ機能を実装する

【基本編】JavaScriptのマウスイベントでドラッグ&ドロップ機能を実装する