Home
テクノロジー
【初心者必読】ブロックチェーンの基本知識

【初心者必読】ブロックチェーンの基本知識

公開日
2021.02.21
更新日
2021.11.20
【初心者必読】ブロックチェーンの基本知識

どうも!かけちまるです!
最近よく耳にする「ブロックチェーン」聞いたことはあるけど、何が何だかよく分からない。。。
そんな人にさらっと読めて、ふわっと理解できるようブロックチェーンの概要をまとめました。
ぜひこの機会にブロックチェーンへの理解の一歩を踏み出しましょう!

この記事を読むと、

  • ・ブロックチェーンの概要、歴史
  • ・ブロックチェーンの特徴
  • ・ブロックチェーンの活用事例

がわかります。

初心者向けになるので中級者、上級者にはかなり退屈な記事になると思います。

ブロックチェーンの歴史・概要

ブロックチェーンは2008年に「サトシ・ナカモト」という人物がビットコインの取引を記録するために発案した技術です。
今ではブロックチェーンはビットコインだけでなくイーサリアムにも使われています。

ビットコインは新しいお金の形として提案されます。
従来のお金は国家や銀行といった中央で流通量を管理する者が存在しています。
一方、ブロックチェーン技術を活用したビットコインは中央で流通量を管理する者が存在しません。
しかし、管理者がいないにもかかわらずビットコインが稼働してから10年以上経ちますが一度もシステムダウンをした事がないのです。
そこがブロックチェーン技術の素晴らしいところの一つになります。

ブロックチェーンの名前の由来

ブロックチェーンがなぜブロックチェーンと名付けられたのか?
それはブロックチェーンの仕組みを学ぶと理解できると思います。

ブロックチェーンは名前の通りブロックと呼ばれる情報がしまってある箱がチェーンで繋がれ連結することによってデータを保管するデータベースであることからブロックチェーンと呼ばれます。

情報が入ったブロックを生成するには、ブロックチェーンに参加しているユーザーの中でかなり難しい計算をし最初に値を計算したユーザーが ブロックを生成する事ができます。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの特徴

中央集権型と非中央集権型の違い

中央集権による攻撃に強い

中央集権型だとサービスを提供している会社が運営を放棄してしまったら、サービスが使えなくなってしまう。
極端な話、生きるか死ぬかは管理者に任されています。
一方、非中央集権型だとそもそも管理者が存在しないためサービスが使えなくなることはありません。

上の画像のように中央集権型だと、「かけちまる株式会社」がサービスの提供を停止したら利用者はどんなに便利なサービスだったとしてももうそのサービスは使うことはできません。
しかし非中央集権型だと、「かけちまる株式会社」のような管理者がおらず利用者全員がサービスの管理者です。
そのため、利用者が存在する限りサービスが使えなくなることはありません。

システムダウンはほぼない

ブロックチェーンは、核となるものがなくデータも分散されているため単一障害点を持ちません。

単一障害点とは、ある一点を攻撃されるとシステムが大ダメージをくらってしまうようなシステムの弱点です。
ブロックチェーンは一つのコンピューターに障害が起きても、他のコンピューターに正しい情報が残っているのでシステムダウンは起こりません。

上の画像のように中央集権型だと、「かけちまる株式会社」のサーバーが災害でダウンしてしまうと利用者は「かけちまる株式会社」のサーバーにアクセスできなくなりサービスが一時的に使えないという障害が起きてしまいます。
しかし非中央集権型だと、利用者それぞれのコンピュータにデータが記憶されているため例えば、「Aさん」コンピュータがハッキングされても他の利用者同士でサービスを通常通り使う事ができます。

非中央集権型の利用者全員のコンピュータに障害が起こらない限りはシステムダウンはないと言えます。

データが改ざんされない

ブロックチェーンにブロックを追加するには高性能なコンピューターで計算しなければいけない。
すでに追加されているブロックを一つだけ取り出してデータを書き直すことはできない。
データを書き直すにはそのブロック以降のブロックを全て削除してもう一度計算し直さなくてはいけないため現実的にはデータの改ざんが不可能である。

ブロックチェーンの活用例

ブロックチェーンが活用されている代表例はやはりビットコインとイーサリアムではないでしょうか。
ビットコインでは、通貨のやりとりを記録しているのに対して、イーサリアムではプログラムを記録する事ができます。
プログラムが記録できることによって、ブロックチェーン上でアプリケーションを構築できます。

ブロックチェーンの活用例
  • DeFi(decentralized finance:分散型金融)
  • ーブロックチェーン上に構築された金融系アプリケーションの総称です。
    イーサリアムのブロックチェーン上にスマートコントラスト技術を掛け合わせることによって第三者のチェックを省く事ができます。

  • ブロックチェーンゲーム
  • ーブロックチェーンの特徴であるデータの改ざんいわゆるチート行為ができない仕組みになっています。
    何より凄いのが、ゲーム内で育成したキャラをユーザー同士で仮想通貨で売買できるところです。
    数年後には、ゲームキャラの売買で生計を立てる人が出てくるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?
ブロックチェーン初心者に向けてブロックチェーンを解説しました。

  • ・ブロックに取引情報が入ってチェーンで繋がれている
  • ・政府や銀行、企業などの中央管理者が存在しない。
  • ・中央集権による攻撃に強い
  • ・システムダウンはほぼない
  • ・データが改ざんされない

この辺を押さえておけば基本はとりあえずOKではないでしょうか。

おわり

かけちまる
かけちまる
Webエンジニアをしています。
HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHPができます。
WEB制作を中心に日々学びになったこと、興味が沸いたことについて初心者の方でもわかりやすいようにアウトプットしていくブログです。
Xserver

関連記事

【将来ワクワク】イーサリアムについて知ってみる

【将来ワクワク】イーサリアムについて知ってみる

AWSでサイトをSSL化しよう!!

AWSでサイトをSSL化しよう!!

【Google Maps API】Googleマップ埋め込みのピンを変更する

【Google Maps API】Googleマップ埋め込みのピンを変更する

最近よく聞くIaaS、PaaS、SaaSとは??

最近よく聞くIaaS、PaaS、SaaSとは??

【Cookieとは?】米GoogleがサードパーティCookieの廃止を延期

【Cookieとは?】米GoogleがサードパーティCookieの廃止を延期